忍者AdMax

SOHOと個人事業主について


ただ、これだと自営業で自宅兼店舗の場合まで含まれてしまうので実際にSOHOの意味が通るのはもう少し狭い範囲です。
雑貨をインターネット販売する一方で店頭販売していると、SOHOとはならないかもしれませんが店頭販売の部分がなくなれば該当するでしょう。
よく言われるSOHOの場合には、もっと分かりやすく文書作成やデータ入力が主な内容となります。

SOHOのスタイルを取っている方の中で、個人事業主という立場の方はいるでしょうか。
しかし厳密に言うと、SOHOは会社に属する者がオフィスとなる空間を自宅や小規模な事務所等の会社とは切り離された場所に設けて業務に当たる事を指します。
難しい知識がなくてもSOHOは始められるので、まずは飛び込んでみるのも良いでしょう。
家で自由に仕事している風に見えるため、時折SOHOと個人事業主を混同される方がいます。
会社に所属といってもSOHOにおけるそれが全て正社員のようなものとは限らず、もっと限定的な存在もあります。
オーソドックスな形としては、インターネット環境を利用した仕事を自宅でしているとSOHOという言葉が使えるようになります。
SOHOとして行われる作業そのものも、単純なデータ入力の類ばかりでなく企業のウェブサイト管理等があります。
簡単な作業で報酬を得られるのがSOHOですが、簡単ゆえに単価は低く設定されているものがほとんどです。

SOHOと単純に言った場合、得られる収入は簡単なアルバイト程度になるかもしれません。









posted by 時の旅人 at 23:27 | 日記